北国の恵み 効果

妊娠中に摂取するといいサプリメント

 

妊娠中に摂取するといいサプリメント

 

サプリメントの種類はたくさんありますが、妊娠中に有効なサプリメントもあるでしょうか。
薬やサプリメントは、妊娠中には使えないというイメージがあります。
しかし、妊娠中こそ摂取しておきたいというサプリメントも実はあるのです。
妊娠している時に役に立つサプリメントは何種類かあります。
まずその筆頭が、葉酸を含有するサプリメントです。これは、妊娠したばかりの頃に効果的です。
葉酸は、日に400〜800マイクログラム取り入れることによって、お腹の赤ちゃんの発育に関わる異常を未然に防ぐ作用があるとされています。
また、鉄のサプリメントとカルシウムのサプリメントも、妊娠中に役立つとされています。
妊娠中は胎盤への血液供給、胎児への栄養、酸素供給および分娩時の大量出血に対する備えのため血液量が増加します。
体内の血液量が増加すると、血液は希釈されて、血液全体にしめる赤血球の量が減少することになり、その影響で、鉄分不足となります。
鉄だけを補充するという種類のサプリメントも存在しているのですが、鉄と葉酸を補充できるタイプのサプリメントもあります。
サプリメントで鉄分と葉酸を補充することによって、妊娠中に不足しやすい栄養素を簡単に補充できます。
妊娠中期になると、お腹の赤ちゃんが大きくなるために必要とされる栄養素がカルシウムです。
人間の体はカルシウムが欠乏すると、骨組織や歯のカルシウムを使用するようになります。
カルシウムは体の中で作ることができないミネラルなので、食事やサプリメントで補給するしかありません。
カルシウムが欠乏気味でいると、妊婦さん自身だけでなく、胎児までも骨や歯が弱くなることがあります。
妊娠している時は、カルシウム、鉄、葉酸を十分に取り入れるようにするといいでしょう。

サプリメントを利用するときは、サプリメントの種類を把握し、どれがどの時期に必要かをよく考えて使いましょう。
妊娠中は胎児のためにも、必要な栄養素が足りなくならないように積極的にサプリメントを活用しましょう。

 

TOPページに戻る